2011年5月にしました。活動の記録を随時アップいたします!どうぞよろしくお願いいたします。


by sukoyakakodomoFS

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
本会について
陳情書
未分類

以前の記事

2011年 12月
2011年 07月
2011年 06月

最新の記事

お知らせ
at 2011-12-15 17:19
藤沢市議会への陳情書と審議結果
at 2011-07-23 22:28
7/16(土)第1回勉強会@..
at 2011-07-17 13:27
5年後 10年後こどもたちが..
at 2011-07-16 11:24
7月16日(土)第1回勉強会..
at 2011-07-01 02:41

全国支部リンク

葉山
鎌倉
大磯
□横須賀
□町田
□三鷹
□武蔵野
□足柄
さいたま
□所沢
せんだい みやぎ
埼玉県越谷
春日部
□岡山支部
(順不同)

フォロー中のブログ

5年後 10年後こどもた...

外部リンク

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

藤沢市議会への陳情書と審議結果

遅ればせながら、平成23年6月7日に提出した陳情書2件の内容と、審議結果についての報告です。


[陳情書1] 平成23年6月7日提出

学校、幼稚園、保育園およびそれに準じる敷地内、
通学路、公園の放射線量測定と測定値公開についての陳情

(陳情項目)
1. 藤沢市内の学校、幼稚園、保育園の敷地内(建物内、校庭•園庭、プール、砂場など)および通学路、公園の定期的な放射線量測定と測定値の公開(基準値以上•未満に関わらず)をお願いします。
2. 各家庭が登校、登園時にマスク着用などを取り決めた場合、それを尊重してください。

(陳情理由)
3月11日、東日本大震災が起こり、たくさんの方が亡くなりました。また、その影響で、東京電力福島第1原発事故が起き、今も予断を許さない状況です。原子力発電所からは毎日放射能が出つづけ、海には汚染された水が流されています。
放射能汚染に関して、風評被害も多く、こどもを持つ親として、不安な毎日を送っています。「不安を煽る」のではなく、「安心するため」に、ここ藤沢で、安心して子育てを続けるために情報の公開をお願いします。子供達の毎日の生活•活動範囲の安全確認の為に、学校、幼稚園、保育園およびそれに準じる敷地内、通学路、公園などの定期的な放射線量測定と測定値(基準値以上•未満に関わらず)の公表をお願いします。
また、各家庭が登校、登園時にマスク着用などを取り決めた場合、それを尊重してください。
県内で足柄茶の茶葉や浄水場の汚泥などから放射性セシウムの検出が相次いで確認されていることから、放射性物質の県内での吹き溜まりが懸念されています。(東京工大原子炉工学研究所の松本義久准教授(放射線生物学)談)
また、放射線の影響は、5年後、10年後にでてくるといわれています。
将来を担う子供達の為に、今からできることを行政と住民が手を取り合って協力していけることを願っています。


[陳情書1の結果について(通知)]平成23年6月24日

本市議会に陳情された事について、次の通り決定いたしましたので通知します。

1.件名
陳情23第13号 
学校、幼稚園、保育園およびそれに準じる敷地内、
通学路、公園の放射線量測定と測定値公開についての陳情

2.審査年月日 平成23年6月14日

3.審査委員会名 こども文教常任委員会

4.審査結果  趣旨了承



[陳情書2]平成23年6月7日提出

学校給食使用食材の放射性物質測定と測定値公開についての陳情

(陳情項目)
1. 藤沢市内の学校給食で使用される食材の放射性物質測定と測定数値の公開(基準値以上•未満に関わらず)をお願いします。
2. 各家庭が弁当、水筒持参を取り決めた場合、それを尊重してください。

(陳情理由)
3月11日、東日本大震災が起こり、たくさんの方が亡くなりました。また、その影響で、東京電力福島第1原発事故が起き、今も予断を許さない状況です。原子力発電所からは毎日放射能が出つづけ、海には汚染された水が流されています。
放射能汚染に関して、風評被害も多く、こどもを持つ親として、不安な毎日を送っています。「不安を煽る」のではなく、「安心するため」に、ここ藤沢で、安心して子育てを続けるために情報の公開をお願いします。子供達が毎日口にする学校給食で使用される食材の放射性物質測定と測定数値の公表をお願いします。
また、各家庭が弁当、水筒持参を取り決めた場合、それを尊重してください。
県内で足柄茶の茶葉や浄水場の汚泥などから放射性セシウムの検出が相次いで確認されていることから、藤沢産の食材への影響も懸念されます。地産地消を安心して進めていく為にも、藤沢市独自の放射性物質測定をお願いします。
放射線の影響は、5年後、10年後にでてくるといわれています。
将来を担う子供達の為に、今からできることを行政と住民が手を取り合って協力していけることを願っています。

[陳情書2の結果について(通知)]平成23年6月24日

本市議会に陳情された事について、次の通り決定いたしましたので通知します。

1.件名
陳情23第14号 
学校給食使用食材の放射性物質測定と測定値公開についての陳情


2.審査年月日 平成23年6月14日

3.審査委員会名 こども文教常任委員会

4.審査結果  趣旨不了承

5.理由      弁当、水筒持参を取り決めた場合、それを尊重してくださいという項目について、これを認めてしまうと、風評被害の拡大につながるのではないかと考えるため
[PR]
by sukoyakakodomofs | 2011-07-23 22:28

7/16(土)第1回勉強会@ecomo!

d0235300_13251866.jpg
昨日、滞りなく終わることができました。

まずはご参加くださった皆様、ご協力くださった皆様
ありがとうございました!

支部スタッフ一同
[PR]
by sukoyakakodomoFS | 2011-07-17 13:27

5年後 10年後こどもたちが健やかに育つ会について

2011年3月11日、東日本大地震がおきた影響により、福島第一原子力発電所で事故が起き、放射性物質が漏れだしました。
そして、国は「安全な基準値」なるものを発表していますが、事故のおきる前の数字から許容を大きく修正されています。

チェルノブイリの事故による影響がではじめたのは5年後、10年後のことです。
影響をうけたのは感受性の高いこどもたち。
事故現場から遠くはなれた土地でも被害が報告されています。

国や電力会社がいう「安全」「大丈夫」を本当に信じていいのか。
わたしたちは、正しい情報を知る必要があります。

事故直後に葉山で立ち上がった当会は、現在各地へ広がり続けています。
各支部がそれぞれ独自に地元を中心に活動をしています。

藤沢支部は、5月に立ち上がり、6月7日に、藤沢市議会へこどもたちを放射能から守る為の陳情を2件提出しました。
(陳情内容と審議結果はブログにて掲載 
http://sukoyakafs.exblog.jp/

藤沢には山も海もあり、こどもたちをのびのびと育てることができる素晴らしい市です。
この先も、ここ藤沢で安心して暮らせるよう、こどもたちすこやかに育つように、行政への働きかけや、勉強会、他の活動団体との交流など、活動をおこなっていきます。


5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会 藤沢支部 メーリングリストへのご参加希望は 代表田島恭子sahasrara.kyoko@gmail.comまでご連絡お願いします。

5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会 藤沢支部

http://sukoyakafs.exblog.jp/
[PR]
by sukoyakakodomoFS | 2011-07-16 11:24

7月16日(土)第1回勉強会@ecomo!

おかげさまで満席となり締め切らせて頂きました。
たくさんのお申込み、ありがとうございました。

-----------

おかげさまで、発足から2ヶ月たち、
以下のとおり、第1回勉強会を開催することなりました。
ご家族やお友達をお誘いあわせの上、
お気軽にご参加ください。
スタッフ一同、皆様のお越しを、心よりお待ちしております。

5年後、10年後、子どもたちが健やかに育つ会
藤沢支部 メンバー一同

----------------------
5年後、10年後、子どもたちが健やかに育つ会 藤沢支部
第1回勉強会
「放射能から子どもたちを守るために、まず知っておきたいこと」
(ゲスト・スピーカー:森野篤さん)


d0235300_0145444.jpg








チラシ印刷(pdf)

3月11日に起きた大地震の影響で
東京電力福島第一原子力発電所の事故が起き、
日本全国、海外にまで放射性物質が広がりはじめました。

事故発生から3ヵ月が過ぎた今も事態収束の進展は見られず、
福島から遠く離れた神奈川にも影響は確実に及んでいます。
さまざまなニュースが報じられ、情報が飛び交い、ささやかれていますが、
その量はあまりに多く、一体なにが真実なのか、
戸惑い不安に思う人は少なくないでしょう。

そんな中、私たちがここ藤沢で暮らし続けるために、
何より子どもたちが健やかに育つために、
知っておきたいことをお伝えする勉強会を開催します。

東電や政府が言うように本当に安全なのか? 
放射能は子どもにどう影響するのか? 

そんな漠然とした不安や疑問を払拭し
藤沢で暮らしながらどうやって子どもたちを守っていくか、
共に考えていきましょう。

【ゲスト・スピーカー森野篤さんプロフィール 】
大手メーカー系列企業に勤務中
、海水汚染が気になったのをきっかけにNGOのボランティアに参加。
数年前に仲間と青森県六ヶ所村を訪れてから
原子力やエネルギーにも関心を持ち、
サーフライダー・ファウンデーション・ジャパントランジション鎌倉
葉山から生まれたエネルギーのグループ「たいよう講
などに参加。地域からエネルギーシフトを目指す。

【日時・場所】
7月16日(土) 15:00~16:30
ecomo内モデルルーム


【料金】
大人1名につき 300円(子連れ可)

【定員】
30名


【注意事項】
※予約優先とさせていただきますが、空席があれば当日参加可能です。
当日参加の可否は事前に必ずお問い合わせください。
※子連れ参加歓迎です。
託児サービスはありませんが、会場内にスタッフ常駐のキッズコーナーを設けます。
会場内は飲食可能です。
ただし、食べ物の持ち込みはお子様用の物のみとさせていただきます。

【ecomoアクセス】
※公共交通機関をご利用の方/
藤沢駅より北口9番乗り場
茅ヶ崎行き・湘南ライフタウン行き
『辻堂入口』下車(徒歩5分)/
辻堂駅より北口2番乗り場
綾瀬車庫行き『南山』下車(徒歩1分)

北口4番乗り場
湘南ライフタウン(大六天カントリー 経由)行き『城』(たて)下車(徒歩数分)
※駐車場あり
(ただし、台数に限りがあります)
ecomo 0466-36-7383  
[PR]
by sukoyakakodomoFS | 2011-07-01 02:41